日々精進

新しく学んだことを書き留めていきます

「error: (-2:Unspecified error) in function '__cdecl cv::impl::`anonymous-namespace'::CvtHelper<struct cv::impl::`anonymous namespace'::Set<3,4,-1>,struct cv::impl::A0xe227985e::Set<3,4,-1>,struct cv::impl::A0xe227985e::Set<0,2,5>,2>::CvtHelper(const class

cv2.cvtColorに渡すndarrayの型をunit8にしたら直った。

参考: qiita.com

cv2.imwriteで書き出すファイルのパスに日本語が入っていると文字化けする

OpenCVがマルチバイト文字に対応していないのが原因。 以下の記事にcv2.imwriteを使わずにファイルを書き出す方法があるのでこれで解決出来た。

qiita.com

ArcFaceを動かすと「Shape of unspecifie arg: conv0_weight changed. This can cause the new executor to not share parameters with the old one. Please check for error in network.If this is intended, set partial_shaping=True to suppress this warning」エラー

ArcFaceはinputの形としてchannel firstを想定しているが、channel lastで渡すとこのエラーが出る。 エラーメッセージから原因が想像できない。。 channel firstに変換すると直る。

参考:

github.com

ArcFaceを動かすと「Object arrays cannot be loaded when allow_pickle=False」エラー

原因はnumpyのバージョン1.16.3からload関数の仕様が変わったため。 np.load('/path/to/file.npy', allow_pickle=True)のようにallow_pickle=Trueを追加するか、 numpyのバージョンを下げる。ただし、np.loadで悪意のあるファイルを読み込むと任意のコードが実行できてしまう脆弱性があるらしいので注意。

参考:

qiita.com