読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進

新しく学んだことを書き留めていきます

tsdを実行すると「Error: self signed certificate in certificate chain」エラー

web

原因は社内ProxyがGithubのSSL証明書を自己証明書にすり替えて送ってくることだった。 情シスがGithubとの通信内容をチェックするためにやってるんだろうなコレ。man in the middle攻撃じゃん。。 解決策は、.tsdrcファイルを作り、以下内容にしてプロジェクトルートに置くこと。 これで自己証明書でもエラーなく通信できるようになった。

{ "proxy": "http://proxy.example.com:88", "strictSSL" : false }

ホント社内Proxy鬱陶しすぎる。。

参考:

stackoverflow.com