読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進

新しく学んだことを書き留めていきます

Dev, Staging等の各環境毎に異なるデータはbuildConfigFieldで指定する

下記記事でpro, freeなどのバージョン毎にリソースをまとめて定義する方法を書いたが、サーバのURLなどDev, Staging等の各環境毎に異なる値にしたいこともある。

そういう場合は、buildConfigFieldで指定し、BuildConfigクラスから取得するようにしている。

例:

productFlavors {
    // 開発・ステージングなどの環境毎に変わるデータはbuildConfigFieldに持たせる。
    // buildConfigFieldで設定したデータはBuildConfigクラスから取得できる。
    proProduction {
        applicationId "app.id.production"
        buildConfigField "String", "SERVER_URL", '"http://dummy"'
    }
    proStaging {
        applicationId "app.id.staging"
        buildConfigField "String", "SERVER_URL", '"http://dummy"'
    }
    ...
}