読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進

新しく学んだことを書き留めていきます

CloudWatch Monitoring Scripts for Linuxを使ってec2の監視項目を増やす

CloudWatch Monitoring Scripts for Linuxを使うと、メモリ使用率などいくつかのMetricsを追加できる。デフォルトで無いのはなんでなんだろう。。
基本的に以下の記事の通りでOKだけど、注意点がいくつか。
Amazon ClowdWatch 編。監視スクリプトの使用方法をご紹介 | クラウドウォッチ・使い方・設定・ナレコムAWSクラウド | ナレコムAWSレシピ


・IAM role for EC2を使う場合はCloudWatchにアクセスする権限をIAM roleを使って付加しておく。
 mon-put-instance-data.plの引数にアクセスキーを渡すことも出来る。
・取れるMetricsを全部取ってCloudWatchに送るコマンドは以下。
 --from-cronはcronから実行する時に付ける。
 mon-put-instance-data.pl --mem-util --mem-used --mem-avail --swap-util --swap-used --disk-space-util --disk-space-used --disk-space-avail --disk-path=/ --from-cron


コマンドの使い方の詳細は下記参照。
Amazon CloudWatch Monitoring Scripts for Linux - Amazon CloudWatch