読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進

新しく学んだことを書き留めていきます

ブックスキャンの問題点

日記

著作権的にどうか、という話ではなくサービスの品質を向上させるために解決すべき問題点を列挙してみます。


・利用者の意見を伝えるための手段がない
利用者の不満を書き込んでもらったり、サービスのわからないところについて利用者同士で質問しあったりする場(BBS等)を設けるべきと思います。
そういう場所があればこの日記に書いたサービスに対する不満もそこに書いたでしょう。それによってサービス提供者に素早く満たされていないニーズが伝わります。
このサービスは著作権者に目の敵にされているでしょうから、サービスに対する中傷も多く書き込まれるでしょう。それでもメリットの方が大きい、と自分は思います。根拠レスですが。
Eric Sinkもそうやってニーズを拾い上げることが大事だと言ってました。

Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方

Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方



・350ページ以上の本のスキャン申し込み時のファイル名変更代について
現状では350ページ以上の本は200ページ毎に1冊分多く申し込むこととなっていますが、ファイル名変更オプションを利用する場合代金がおかしくなると思います。
例)600ページの本をスキャンして貰う場合
冊数を2冊で申し込み。
ファイル名変更オプションをつけるとファイル名変更代だけで50*2=100円となります。
しかしファイルは一つなのでファイル名変更代は50円とすべきではないでしょうか。
急遽注意事項を変更したのでシステムの変更が間に合っていないのでしょうが、早急にシステムを修正してもらいたいところです。


・サービスの変更点についての連絡が消極的
注意事項がちょくちょく変わるが、変わったことを知る手段が注意事項のページを読むこと以外にありません。
メールで注意事項の変更点について連絡すべきと思います。