読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進

新しく学んだことを書き留めていきます

今年の目標1

今年の目標とその目標にした理由をLeo's Chronicle: 良い論文を書くために知っておくべき5つのことにあったフレームワークに従って書いていきます。


今年の目標その1は
●新しいPC入力システムを完成させる

What is the problem? (解いている問題は何?)
PCの入力効率向上
Why is it interesting and important? (なぜその問題が面白くて重要なの?)
・生産性向上量の総量が大きいから。理由はほとんどの知識労働者がPCを日常的に使っているため。
・改善の余地がかなりあるから。理由はマウスとキーボードは少なくともここ10年間ほとんど進化していないため。
・今後もこれらに取って代わる入力装置が登場する気配がないから。
Why is it hard? (その問題のどこが難しいの? 簡単な方法で解けないの?)
・難しい点
入力装置の変更を受け入れてもらいにくい。理由は入力装置には慣れが必要であり、変更にコストがかかるためと労働者の多くが入力効率の向上によりどれだけ生産性が向上するかを把握していないため。
・簡単な方法で解けるか?
自分の知る限り簡単に解く方法はない。理由は一般的なキーボードでは楽に打てるキーの数が入力したい文字の種類に対して足りないため。
この問題を解決するにはキー配置を変更しなければならないと思われる。
Why hasn't it been solved before? (なぜ今まで解かれてなかったの?)
先行研究としては
Kinesis親指シフトキーボードがあったが普及していない。
その理由は以下のものが考えられる。(あくまで仮説です)
・入力装置の変更によってかかる学習コストより入力効率の向上によるメリットの方が大きいということをユーザに納得させられなかったため
・特殊な配列のキーボードは将来手に入らなくなる可能性があるため
・他のPCを操作しづらくなるため
What are the key components of your approach and results? (あなたの仕事のどこが重要なの?)
1.人差し指〜小指と(ほぼ)独立して使える「親指」と「足」を活用すること。
2.1番によって複数のキーを同時に押しやすいシステムができること。
3.2番によって打ちやすい位置にあるキーだけですべての入力を表現できるようになること。


できればキーボードメーカーと協力して上記要件を満たすキーボードとそれをサポートするソフトを開発したいです。