読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進

新しく学んだことを書き留めていきます

バーゲンでの買い物の効率化に関する考察2

日記

●実行結果


・買い物にかかった時間(最初の店舗に入った時刻〜最後の店舗を出た時刻)
4時間程度
・購入したもの
ネクタイ、長袖英国風ニット、ズボン
・購入金額
計26000円
・満足度
中の上


国分寺、吉祥寺の丸井は予想通り空いていたのですが、予想以上にメンズファッションの売り場面積が小さかったです。そのため、ほぼ何も購入することなくマルイメンに向かうことになりました。最後の店舗を池袋からマルイメンに変更した理由は国分寺等の店舗がかなり空いていたことから、マルイメンもそれほど混雑していないのではないかと判断したためです。
・マルイメンは思ったより混雑していませんでした。前回行った時は入場制限をしていた記憶があるのですが、今回はすんなり入れたし中も9時台の山手線車内ぐらいの混み具合でした。
・ズボンとYシャツ選びが難航しました。理由はズボンはサイズが合うものがなかったため(ズボンはトップスに比べてサイズが合わないことが多い気がする。。)。Yシャツは自分のイメージに近いものがなかったため。


●反省点
・カードの特典を生かせなかった
マルイのカードを持っていなかったため、10%OFFと20000円以上購入で2000円引きの特典を利用できませんでした。
これは必ず利用すべきでしょう。合計で10〜20%の割引になります。
ただし、バーゲン期間中はカード入会カウンターが非常に混雑するのでバーゲン前に仕込むべきです。


・売り場面積を把握していなかった
この情報はネットにはないと思われるのでバーゲン前に各店舗を回って収集する必要があるでしょう。


・混雑していて商品の選別効率が落ちた
よくある手だと思いますが、やはりバーゲン前に各店舗を回って気になる商品をチェックするのが合理的かなと思いました。


・なかなかイメージ通りの商品が見つからなかった
これが一番の問題ですね。
解決策としてはとりあえず「雑誌でイメージに近い商品を見つけたら販売店までチェックする」「ネットで探す」「商品によって探す店を変える」を思いつきました。うーん、イマイチだな。。
Yシャツについてはマルイよりも伊勢丹メンズ館の方がよかったかなと思いました。


●良かった点
・無駄な買い物をすることや迷うことがなかった
「迷ったら買わない」を徹底したため、無駄がなくなり満足度が上がりました。


●総評
買い物は疲れるのでできれば長くても2時間程度で終わらせたいところです。
今回は事前準備をもっとすべきという結論になりましたが、事前準備に時間を使った方がトータルの時間が少なくなるかどうかについては次回のバーゲンで実験してみたいと思います。




●買い物手順(改良版)
バーゲン期間前
1.「何を買うか」を明確にする
2.バーゲンに利用できる特典のチェックと特典を利用する準備をする
3.売り場を回って気になる商品をチェックしておく
4.回る店舗とそのルートを決める
バーゲン当日
5.迷ったら買わない