読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進

新しく学んだことを書き留めていきます

チームビルディング

昨日の続きで、チームのパフォーマンスを高めるためにやっていることについて。


○悪いニュースを報告しやすい雰囲気を作る
マネージャが知るべき情報とはチームの抱える問題点であったり、リスクであったりと基本的にあまりいいニュースではない。
悪いニュースというのは上司に伝えにくいもの。特に自分のミスなんかは。
そういった情報を躊躇なく伝えられる雰囲気や親しさを築いておくのはマネージャの義務だと思います。
自分は悪いニュースを積極的にくみ上げようとしているマネージャがあまりに少ないと感じます。
自分が意識していることは
・自分が悪いニュースを求めているということをメンバーに何度も伝える
・メンバーの過失が報告されても叱らない。一緒に原因・解決策を考え、他のメンバーとその情報を共有し同じことが繰り返されないようにする
・コミュニケーションを頻繁に取るようにすることで話しやすい関係を築く


まあ上記のようなことはやっているわけですが、「ほうほう、じゃあ悪いニュースがすぐあがってきてんの?」といわれるとすぐにうんとは言えないのがつらいところ。
悪いニュースがあがってきていない原因は
・報告すべき問題だと認識されていない
・雰囲気作り、悪いニュースはすぐ伝えるという意識付けがまだ不十分
かなと思ったのでそれぞれ今後解消するべくアクションを取ります。