読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進

新しく学んだことを書き留めていきます

coffeescript

npm install -g coffeeした後、coffeeを実行してもcommand not foundになる

原因はパッケージ名が間違っていること。 coffeescriptをインストールする場合はnpm install -g coffee-scriptとしないといけない。 ちゃんとドキュメント見ないといけないな。。 参考:CoffeeScript

coffeescriptでグローバル変数を定義する方法

ブラウザ内では、windowオブジェクトのプロパティにすればよい。 window.global = "test" Node環境ではglobalオブジェクトのプロパティにする global.global = "test" 参考:Global Variables in Node.js

親クラスのコンストラクタを呼ぶ

子クラスのコンストラクタに渡された引数をそのまま親クラスのコンストラクタに渡して実行したい場合は以下のようにすればいい。 constructor: -> super(arguments...)参考:coffeescript - Extend class and pass all constructor arguments to super - Sta…

coffeescriptの自動コンパイル

今までcoffee -wc **/*.coffeeを使ってたけど、以下の問題があった。 ・新しく追加したファイルをコンパイルしてくれない ・すべてのサブフォルダにあるcoffeeファイルをコンパイルしてくれない 調べてみるとjitterというnodeのパッケージを使えば上記の問題…

coffeescriptスタイルガイド日本語訳

coffeescriptスタイルガイドを抄訳してみました。 訳文は不正確なところがあるので詳しくは原典を参照してください。 polarmobile/coffeescript-style-guide · GitHub コードレイアウト インデントはスペース2つとする。タブは使わない。 1行の最大文字数は…

coffeescriptの自動コンパイルをサブフォルダでも行う

全サブフォルダのcoffeescriptファイルを監視して変更があったら自動コンパイルするには以下のコマンドを実行する。 coffee -wc **/*.coffee"**"で再帰的にサブフォルダを取ってこれるんだね。。linux初心者なんで知らなかった。